2021年01月02日

2021年新年おめでとうございます&2020年振り返り

我が輩は名無し猫である。
2021年の幕開け、おめでとう申し上げる。
今年も、主(株式会社SOSEKI社長)と主の属す社会の日頃の諸行を語っていく次第である。
といってもこの主、1月末を持って、産休のため事業の方はしばらくお休みするとのことなのだ。再開見込みは世田谷区の保育園事情にかかっているとのことである。ブログは細々続けるので、これからもよろしく頼みたいとのことである。

主にとってはおめでたい事情で新年を迎えたわけであるが、世の中はコロナ一色で去年も大変、今年もしばらく落ち着かない、見通しグレイなお正月となってしまったのだ。
ここで、去年の出来事を振り返ってみる。

まず、2020年Google検索急上昇ランキング上位5つはこの通り。
1位 新型コロナウイルス感染症
2位 大統領選挙
3位 緊急事態宣言
4位 鬼滅の刃
5位 あつまれ どうぶつの森

やはりコロナに踊らされた年だったと言えよう。
コロナの流行により、様々な気づきを与えられた1年だったのだ。気づきを列挙する。

<日本は(比較的)まともな国>
前回の記事にもアップしたが、最近、日本の自粛モードにも限界が来て、感染者が増えているものの、他の西洋諸国の感染者数・死亡者数の比ではないのだ。夜は友人とバルでワインを飲み、ハグ&キスし、クリスマスは家族と過ごし、ハグ&キスする西洋人。個人の政治的主張をマスクなしのデモで大表明するアメリカ人。「コロナ自粛は自由の危機だ!」と飲み屋で叫んじゃうフランス人。嫌いではない。こんな事情でなければむしろ、忖度を重んじる日本人には魅力的に映るのであるが、「だめでしょ!」という話である。
主も海外移住願望が幼少の頃から常に心のどこかにあるタイプの人間であるが、この時ばかりはもしも海外に住んでいて、友人との飲みに誘われたり、親愛のハグでもされたらキレるだろうと考えている。
ジャパニーズ・ピープルは総じて自制のできる国民性である。

<小池都知事は流行語大賞を狙っていた>
年末のユーキャン流行語大賞で「三密」について政府の考えた標語でありながら小池都知事が流布したという理由で、都知事が受賞したことは記憶に新しい。
これではっきりした。都知事は流行語大賞を狙っていたのだ。「ソーシャルディスタンス」といった外来語を広めた功績の他、「ひ・き・し・め・よ・う」「五つの小」といった、ほぼ流布していな標語もあるところに、都の努力を感じる我が輩である。決して一発屋ではないのだ。きっと、都の職員は徹夜で標語を生み出しているのだ。

<テレビで報道されない事実が多すぎる>
その主張が嘘か真かはまだ明らかではないが、例えば、トランプ大統領はコロナウィルスは武漢の研究所から漏洩した可能性を強く追求していたのは事実であるが、テレビでは全く報道されなかったのだ。
「テレビ=メディア」であった時代はとうに終わり、ネットですぐに様々な情報が拡散されるこの時代。「報道しない」というテレビの姿勢だけが浮き彫りになってしまっていて、国民はシラけているのだ。
シラケといえば、他にも、不倫や脱税で世を賑わせた芸人さん達がネットでいまだ批判を受けているのに関わらず、テレビに出たり出ようとしたり。テレビ局のお偉方と国民との温度感が違いすぎて、我が輩はテレビ局現場の人たちに同情を寄せている。テレビからジャーナリズムは消えたのだ。
真にジャーナリズムを体現しているのは、○ちゃんねると、テレビ大広告主であるソフト○○ク配下のYaxxx!ニュースだけである。

<SNSで視野が狭小化、GAFAの意に反して個性が排除される時代>
昨今、SNSや、SNSに限らず、ウェブサイトの広告・メディアでは、ユーザのアクセスを解析してユーザの嗜好に合わせた情報が表示される仕組みになっている。そのため、ネットを見るユーザには、同じような情報しか表示されず、自身の思考が肯定され、強まっていく傾向にある。トランプ支持者にはバイデンに関する肯定的なニュースは表示されないし、逆もしかり。この仕組みがアメリカを分断したという意見もあるらしいのだ。ことあるごとに自由・民主主義を謳うGAFAがこの流れを加速させているのはなんとも皮肉なことである。
SNSとは別の観点であるが、ダイヤモンド・オンラインに掲載されたインタビューの中で村上春樹氏は「浮世離れした人が世の総論に新しい風を吹き込み、世の中を柔軟にする」といったようなことを語っていた。(※あくまで主解釈)
我が輩も、総論で世の中が動き、個が排除される気配を肌で感じた1年だったのだ。
ちなみに、主のYaxxx!ニューストップ画面には、眞子様とメーガン妃に関するニュースしか表示されなくなったのだ。

<台湾IT担当大臣オードリー・タン>
台湾IT担当大臣のオードリー・タンの活躍から目が離せない1年だった。LGBTQであり、35歳の若さで蔡英文政権に加わった天才プログラマーはデジタルを活用した、開かれた社会を国際的に発信している。仮にオードリー・タンが日本人だったとたら、政府に登用されている気が全くしない我が輩である。

<地方の市議会はオワテル>
愛知県西尾市の「コンパニオンはコロナ感染対策」は年末に出たヒットギャクの1つだったのだ。なんなら流行語大賞を差し上げたかった我が輩である。草津町議会の判決前の解職請求騒動に至っては、世も末。
コロナからリモートワークが広がり、「地方移住いいじゃない」ムードになっているが、こんなニュースを見ると、地方での女性差別は「差別」とも認識されていないように感じる我が輩であった。


コロナだけでも色々あった1年だったのだ。書き出すとキリがない。リモートワークになり、職場での人間との接点が減ったせいか、すっかりロイヤル・ウォッチャーとなった主。眞子様と小室さんの行方についても日頃から考察しているが、正月から語らされた我が輩はそろそろ二度寝する時間なのだ。

まだまだコロナは収まりそうになりが、今年が皆さんにとって明るい1年となるよう、お祈り申し上げつつ・・・。

合掌。

代筆 by 社長
posted by 名無し猫 at 09:12| 日記

2020年07月21日

だいぶまともな国、ニッポン。

吾輩は名無し猫である。
緊急事態宣言が終わるや感染者が増え続け、都内では日々の新規感染者が300人に迫る勢い。緊急事態宣言てなんの意味があったんだっけか?な日々であるが、皆さんはいかがお過ごしであろうか。

我が輩の主(株SOSEKI社長)のもーろくぶりは末期的状態である。
先日は、セレブリティ住宅地を散歩中、中学生くらいの美人姉妹がティーカップ・プードルを連れているのに遭遇した。あまりのワンコの小ささに、主は、
「小さいですね。ワンカップ・プードルですか?」と素で聞いたらしい。
うら若き美人姉妹はポッカーンだったとのことである。大関など見たこともないのであろう。
その話を聞いた、主の旦那さん。主の耄碌ぶりを笑いながら、
「ワンカップ・ヌードルはまずい」。
・・・もはや犬の要素がないのだ。

さて、前回ブログを更新した4月上旬から、世界には様々な激震が走ったのだ。
世界でのコロナによる死者数は60万に昇り、
世界各国で医療は崩壊、
スウェーデンとブラジルはまさかの手ぶらプランで死者が続出、
アメリカでは、貧困層である非白人層がコロナに感染しても費用が高すぎる病院に行けず、高い死亡率を示し、根深い人種問題が爆発。多くの人がデモに参加し、三密を作り出し、また感染増長。便乗した暴動も多発したのだ。
人種問題の余波で、ハリウッドでは魔女狩りを思わせるような容疑者段階での断罪をヒートアップさせている。
(Glee出演女優のリア・ミシェルは、アフリカ系女優によるSNS投稿により差別者認定され、食材宅配サービスの広告を外されたが、誰にでも平等に性格が悪かっただけのようである。合掌。)

この騒動の中、吾輩が思ったのは、だいぶ日本はまともな国だということなのだ。

まず、ある国では、感染者とその濃厚接触者の生活を追跡したり、拘束することで感染拡大を防いだが、日本政府は意外にも国民のプライバシーを守ることに慎重だったのだ。(むしろ国民の方が拘束されるのに積極的で、正確な数値は忘れたが確か半数以上の人が賛成している)。どうやら政府は、政府の秘密だけではなく国民の秘密も守ってくれるらしい。

そして何より、日本の医療費は安く、ほぼ全ての人が病院に行けるという点である。
その他の先進国に比べて、日本の医療費はとても安い。

(参考):日本医師会HP:日本と諸外国の医療水準と医療費

全ての人が病院に行けるということは、命が平等であることを示す一つの要素であると吾輩は考える。
経済格差が通院可否を決めているのであれば、お金が命に値段をつけていると言えるだろう。
「自由と平等の国、アメリカ」は標語を変えなくてはならないのだ。
「白人にとっては自由と平等の国、アメリカ」もしくは「トランプにとっては自由と平等の国、アメリカ」に。

といっても、日本でも様々な混乱は続いているのだ。
先日は、ホリエモンがリゾート地でブランコに乗って昼間からビール飲みながら、飲食店に自粛要請する小池百合子氏にキレていた。(こんなおじさん、今までいただろうか)
GoToトラベルキャンペーンでは、何か動きがあるたびにマスコミが手のひら返し。
様々に踊るお偉方たちをよそに、我々は各々、ワクチンが開発されるまで、「よ〜く」考えるしかないんでないの。

最後に、30歳という若さで亡くなってしまった三浦春馬さんのご家族に心からお悔やみを申し上げるのだ。春馬さんはきっと天国で安らぎを見出していると吾輩は信じている。

最後に皆さんの一時の癒やしとなるよう、かーいらしいワンコの写真をアップするのだ。
IMG_1505.JPG
合掌。
タグ:コロナ 社会
posted by 名無し猫 at 18:22| 社会

2020年04月05日

コロナの影響、そして、ケンちゃん、さようなら・・・

 吾輩は名無し猫である。
 コロナウィルスの猛威で外出自粛が続いているが、皆さんはいかがお過ごしであろうか。
マスクやティッシュ、食料品の買い貯めに吾輩の主(株式会社SOSEKI社長)も翻弄される日々である。
先日はAmazonで1000円のトイレットペーパーを購入したのだった。
「買い貯めするなんて民度低いっ」とご立腹であったが、買い貯めされると買える時に買っておかなきゃならなくなるという悪循環である。昨日は朝早いコンビニで在庫を発見し、早速購入した。たいそう、心が踊ったそうである。
今まで森林破壊もよそにばんばん紙を使っていたのに、人間はいまや、トイレットペーパーに悲しまされ、また喜び踊っているのだ。

 コロナ騒動で変わったことと言えば、主の周りの友人の半数くらいは、もう数週間前からリモートワークに切り替わっている。しかし、いまだに不要の出勤を強いられている人もいるのだ。9時通勤の電車ではサラリーマンで満員、海外メディアに「ハードワーカー」と揶揄されているらしい。
スペイン、イタリア、米国で亡くなった方の数や、市民生活への影響力を見れば、確かにトランプ大統領が言うように、世界大戦に匹敵する危機状況である。
この状況で満員電車・・・いまだに部下に不要不急の出社を命ずる社長や部長の頭の中はど〜なってんだかね。主の分析では、海外メディアのそれとは違い、ハードワークが原因ではないのだ。
「社長が部下に出社を命じているとしたら、売上減のリスクを取りたくないから。部長が出社を命ずるのであれば、『誰が養ってやってるんだ』と言って家事育児を何もしなかったせいで、家に帰っても妻と娘に冷たい視線を浴びせられて家に居場所がないから。」と言っている。

 コロナはケンちゃんの命までも奪ってしまったのだ。今の若い人たちは園長のイメージが強いかもしれないが、主の世代では、毎週土曜はみんな家族でケンちゃんの番組を見ていたのだ。なので、ケンちゃんと言えば、vipのイメージがあまりなく、あくまでお茶の間のケンちゃんとして生活に浸透している存在なのだ。主の旦那さんは、「失礼な」の代わりに「失敬な」と言うが、これはケンちゃんの「失敬だな、きみは」から来てるし、元上司が主のことを「ちみちみ」と呼ぶのは、変なおじさんの「なんだチミはってか!?」から来ているのだ。
 みんなの生活にいつの間にか存在していたケンちゃん。昔はよかったなどと言うつもりはないが、個々人がスマホでYouTubeを見る現代では、こういうお茶の間のスターはもう生まれないかもしれないのだ。
カトちゃんが天国でドリフを再結成するそうなので、吾輩はドリフを知らないが、いつか天国に行ったらドリフなるものを拝みたいものである。
ケンちゃん、ありがとう。主に代わってお礼申し上げる。

ちなみに主の一推しは、ひとみ婆さんなのだ。

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏。

代筆by社長
posted by 名無し猫 at 23:56| 社会